21/05/2018 09:44 GMT+7 Email Print Like 0

メコンデルタの土砂崩れの克服作業を強化

この数年間、メコンデルタは気候変動により多大な被害を受けています。

先ごろ、グエン・スアン・フック首相は、メコンデルタの住民の居住地と重要なインフラ施設に直接影響を与える土砂崩れを克服するために、2018年度の国家予算から1兆5000億ドン(約75億円)を拠出することを決定しました。

また、メコンデルタの各地方がこの問題を処理するために、2016~2020年期における公的投資計画から1兆ドン(約50億円)を拠出することも決定しました。政府事務局によりますと、首相は、メコンデルタの各地方に対し、住民の居住地と重要なインフラ施設に直接影響を与える土砂崩れが発生した地区で仮堤防を建設することを要請しています。

さらに、首相は、「メコン河上流の水源管理と気候変動適応力向上プロジェクト」、及び、「メコン河流域の自然災害管理軽減プロジェクト」から3600万ドル相当のODA=政府開発援助金を拠出して、メコンデルタでの気候変動対応基金を設立することに同意しているということです。
ソース:VOV