28/04/2017 10:54 GMT+7 Email Print Like 0

ミン副首相、ODA使用に関する会議を主宰

26日、ハノイで、ODA=政府開発援助に関する国家指導委員会委員長を務めるファム・ビン・ミン副首相兼外相は各省庁との会議を主宰し、ODAプロジェクトの促進について協議しました。

席上、ミン副首相は投資開発事業への資金調達が難航している背景の中で2017年会計年度におけるWB=世界銀行の低金利借款の重要性を強調するとともに、この借款は持続可能な発展、インフラ整備、大学教育の質的向上に優先的に充てられると明らかにしました。

また、実施が遅れているプロジェクトから迅速なプロジェクトへと融資をシフトする立場を固めると明らかにしました。また、ミン副首相は関係各機関に対し、国家銀行と緊密に連携して、WBの借款供与の対象となるプロジェクトの準備を急ぐよう指示しました。
ソース:VOV