15/01/2021 10:50 GMT+7 Email Print Like 0

マレーシアとシンガポール市場にコメを輸出

13日、南部カントー市人民委員会は農業農村開発省、チュンアインハイテク農業株式会社と連携して2021年に入り、マレーシアとシンガポールに1600トンのコメの輸出を開始する式典を行ないました。
マレーシアとシンガポール市場にコメを輸出 - ảnh 1
この2か国はベトナムのコメ輸出先の中で上位に立つ10か国の中に入っています。

式典で発言に立った農業農村開発省のレー・クッオク・ゾイアン次官は、「最近、コメ輸出量は増えつつあると共に、従来の市場の傍ら、潜在力ある市場を引き続き開発させなければならない。それで、各地方や企業は経済的価値が高く、環境に優しい有機農産物・クリーン農産物の開発に関心を寄せる必要がある一方、農産物を対象に優遇税制を適用する自由貿易協定を活用しなければならない」と強調し、次のように語りました。

「我々は農民や、地方行政当局、共同生産組合と緊密に連携して、バリューチェーンを作成してゆく必要があります。これを通じて、生産性と品質の向上、生産コストの削減、競争力の向上が図られると思っています。また、世界のコメ輸入国の要求に応えるほか、世界市場でベトナム産コメの価値の向上とブランド作りに力を入れなければなりません。」
ソース:VOV