13/11/2020 10:47 GMT+7 Email Print Like 0

マレーシア、 ベトナム東部海域問題の平和的解決の立場を堅持

(VOVWORLD) -この海域問題の解決措置は、国際法、とりわけ1982年の国連海洋法条約に合致されるべきだ。

マレーシアのムヒディン・ヤシン首相は、12日開催中の第37回ASEAN首脳会議にオンラインで参加し、次のように発言しました。「マレーシアは、ベトナム東部海域(南シナ海)をめぐる問題を平和的かつ建設的に解決する必要があるという立場を堅持している」と強調しました。

さらに、「この海域問題の解決措置は、国際法、とりわけ1982年の国連海洋法条約に合致されるべきだ。関連各側は、この海域の平和・安定を確保するために互いに相談する必要がある」と語りました。