11/06/2020 09:07 GMT+7 Email Print Like 0

ホームページ/ニュース ベトナムなど4か国の入国緩和=日本

(VOVWORLD) -これにより、日本の茂木 敏充(もてぎ としみつ)外務大臣は、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの3か国の外務大臣と電話会談を行いました。

先ごろ、日本 政府は、新型コロナウイルスの水際対策として行っている外国人の入国拒否について、感染状況が落ち着いていることや経済的な結び付きを踏まえ、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの4か国と、ビジネス関係者や技能実習生らに限っての措置の緩和に向けて個別に協議を進める方針です。

これにより、日本の茂木 敏充(もてぎ としみつ)外務大臣は、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの3か国の外務大臣と電話会談を行いました。そして、タイの外務大臣と電話会談を早期に行う予定です。これらの4カ国は、新型コロナウィルスの感染対策において成績を収めており、多くの日本企業が進出している国だとしています。