14/04/2021 09:39 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン市 入国者の監視を強化

(VOVWORLD) - 4月10日現在、ホーチミン市では7500人あまりが新型コロナワクチン接種を受けました。

12日、ホーチミン市の新型コロナ対策指導委員会は対策会議を行いました。席上、同市人民委員会のグエン・タイン・フオン委員長は違法入国者の監視を厳格化すると同時に各郡、県、地区、村、居住地が現地の状況を見極め、入国者を点検するよう求めました。

また、公安部隊に対し、違法入国者の受け入れ、移送、隔離の安全確保に際し、軍隊と連携するよう要請しました。この指示はベトナムと国境を接する国々で新型コロナウイルス感染症が複雑に推移し、新型コロナ対策の強化を迫られている背景の中で出されたものです。

なお、4月10日現在、ホーチミン市では7500人あまりが新型コロナワクチン接種を受けました。