15/02/2021 09:56 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン市でバレンタインデーの花市場

(VOVWORLD) -  今年の2月14日のバレンタインデーは旧正月テトの休日に重なると共に、新型コロナウイルス感染症が複雑に推移していることから、ホーチミン市の花市場では前年と比べて売れ行きが落ち込んでいます。
ホーチミン市ビンタイン地区にある花屋の店主ボー・ティ・マイさんは次のように語りました。

(テープ)

「今年、花の売れ行きは前年と比べて悪くなっています。前年、この日に大勢のお客さんが来ましたが、今年、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、外へ出かける人々は少ないから、なかなか売ることはできません」

今年の花の値段は前年とあまり変わっていません。一本のバラの花はおよそ1万~2万ドン、約50円から百円ぐらいです。お客さんは前年と比べて減っているものの、平日より高くなっています。第1区にあるフロラという花屋の店主フイン・タイン・フオンさんは次のように語りました。

(テープ)

「今年、新型コロナウイルス感染症の影響により、お客さんが少ないですが、常連客がいるので、減少割合は20%~30%にとどまっています」

今年のバレンタインデーは特別な状況にありますが、ベトナムの男女カップルが様々な形で、互いの愛を表しています。