20/05/2018 19:16 GMT+7 Email Print Like 0

ホーチミン主席生誕記念活動

この数日、国内各地で、5月19日のホーチミン主席生誕128周年記念日を祝う様々な活動が活発に行われています。 20日、ホーチミン市で、ホーチミン共産青年同盟中央委員会は優秀な青年336人を表彰する式典を行いました。席上、党中央宣伝教育委員会のボ・バン・トゥオン委員長は青年たちの努力と経済社会発展事業への貢献を高く評価しました。 今後の青年たちの任務に関し、トゥオン委員長は次のようの語りました。 「『ホーチミン主席の道徳を見習う』運動を進めると同時に、青少年の教育の質的向上に力を入れていく必要があります。また、敵対勢力が破壊活動を繰り返し、社会悪が存在している中、これらの問題に関する青年たちの認識向上も重要な任務です。」 一方、19日、チュオンサ群島で、島民はホーチミン主席に線香を手向ける儀式を行いました。島民たちは、「ホーチミン主席の道徳を見習う」運動を促進し、国の海と島の保護に力を合わせていくことを確約しました。 同日夜、ホーチミン市で、『ホーチミン主席の恩を思う』と銘打ったコンサートが行われ、ホーチミン主席と国を讃える歌や、踊りが披露されました。また、イギリスや、ニュージーランド、アンゴラなどでも5月19日のホーチミン主席生誕128周年記念日を祝う様々な活動が活発に行われています。 ソース:VOV