24/08/2021 00:29 GMT+7 Email Print Like 0

ペトロベトナムは重度の新型コロナ患者の治療に高機能人工呼吸器200台を寄贈

2021年8月20日、保健省本部でベトナム国営石油ガスグループ(ペトロベトナム)は重度の新型コロナ感染症の患者を治療するために200台の高機能人工呼吸器と医薬品を寄贈し、国民の健康と生命の保護に貢献しています。

現時点で新型コロナ感染症の流行は4回目となり、全国、特にホーチミン市と南部の省でさらに拡大し、社会生活、地域社会の活動、企業の生産と事業に深刻な影響を及ぼしています。多大な努力にもかかわらず、都市の多くの医療施設は過負荷となり、設備、備品、および疾病予防の手段、特にタイムリーな緊急治療のための重度の新型コロナ向け人工呼吸器が不足しています。


国の重要な経済グループとして、ペトロベトナムは常に地域社会と社会に対する責任を強く意識しています。長年にわたり、生産および事業活動を強化し、発展してきましたが、ペトロベトナムの指導者および従業員は社会保障に常に関心を持ち、それを政治的任務と見なしてきました。これは、ペトロベトナムの代表的な文化的特徴の一つでもあります。

2020年と2021年だけでも、グループは6,200億ドンの総予算で多くの有意義で実用的な社会保障プログラムを実施してきました。さらに2020年から2021年8月15日までの新型コロナパンデミックの発生により、ペトロベトナムとその参加の企業は地域を支援するために6,200億ドンを超える総支援予算を投じ、全国と協力してパンデミックと戦いました。病気の予防だけでなく、医療機器や消耗品を支援し、政府と省および都市のワクチン基金に貢献しています。

ペトロベトナムのホアン・クオック・ヴオン理事長から人工呼吸器を受け取る
グエン・タイン・ロング保健相。写真:フン・クオン


贈呈式で講演するグエン・タイン・ロング保健相。写真:フン・クオン


贈呈式で講演するペトロベトナムのホアン・クオック・ヴオン理事長。
写真:フン・クオン


贈呈式に参加する代表者たち。写真:フン・クオン
党と国家の政策を実行し、「すべては南部の血のために、ホーチミン市のために」というファム・ミン・チン首相の呼びかけに応え、2021年8月20日、ペトロベトナム保健省の本部で、複雑な流行の状況にある州や都市に手を携えて支援したいという願いから、ペトロベトナムと傘下の企業は200台の高機能人工呼吸機と3,000セットの呼吸用チューブを贈り、保健省はすぐに病院に割り当てました。

グエン・タン・ロング教授・保健相は、特に新型コロナ流行の予防、および一般的な人々の健康のケアにおける保健セクターへのペトロベトナムの支援と協力に対し感謝の意を表しました。エピデミックの複雑な進展、急速な拡大、および高い危険性の状況において、地元の医療施設は病気の患者を治療およびケアするための医療機器および供給品が不足しているという困難に今なお直面しています。グエン・タイン・ロング保健相はペトロベトナムのタイムリーで貴重な支援が患者のケアと治療に貢献していることを確認し、パンデミックを克服し、国民への医療の質を向上させるために、ペトロベトナムが今後も関心を持ち、保健セクターと協力して尽力を尽くしてくれることを希望していると述べました。


ペトロベトナムの指導者と従業員を代表して、ホアン・クオック・ヴオン理事長は実用的な医療機器と備品が重症の新型コロナ患者のケアと治療において将来の死亡リスクの軽減と医療部門の負担の軽減に貢献することを期待しており、今後のグループの重要なタスクの一つは新型コロナ流行の防止を絶えず改善し、従業員の健康と安全を確保し、安定した、安全で継続的な投資、生産および事業活動を維持することであると述べました。

ペトロベトナムグループの指導者は200台の高機能人工呼吸器と3,000セットの呼吸用チューブの寄付に加えて、迅速にエピデミックを制御し、社会生活を安定させるために、全国と保健省と引き続き協力し、実践的な支援を行い貢献することを確約しました。

文、写真:フン・クオン