30/08/2021 09:51 GMT+7 Email Print Like 0

ペトロベトナムは法的な問題を積極的に検討

ベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)は、解決策を迅速に提案および推奨するために、グループの活動のあらゆる側面に影響を与える法的な問題を積極的に検討しています。

第13回党大会の決議に制度の改革と完成が任期中の3つの戦略的突破口の1つであると明確に示されました。第13回党大会の決議を実施するための政府の行動計画において、重要な内容は社会経済開発と生産促進、ビジネスと社会保障のための制度、規制、政策を完成させ続けることです。政府は今期中に規制に関するデットロックを取り除くことを約束しています。

実際の運用中に、多くの法的な問題がペトロベトナムの活動の効果に影響を与えました。持続可能な開発の原動力を生み出すために現在の石油法を改正したいという願望に加えて、ペトロベトナムはその運営のあらゆる側面で法規制の障害を積極的に見直し、評価しました。管轄当局が検討および調整するための推奨事項を作成し、適切な改正を提案します。


法的な問題の検討会議。
撮影:フング・クオン

 

現在、公共投資法、国家資本管理法、企業法、入札法の規制など約60の法的な問題と、特にペトロベトナムおよび一般的なビジネスの発展条件を作成するために検討および提案される修正案があります。基本的に、現行の法律文書の規定は法律と法令の間の重複および矛盾する理由のために削除する必要があります。

例えば、入札法の規定によるとペトロベトナムは投資プロジェクト、特に外国のパートナーとの協力プロジェクトの実施が困難になり、プロジェクトの実施が遅れ、困難になり、経済的損失につながる可能性があります。

さらに、石油・ガス産業の特性により、ペトロベトナムが操業中に遭遇した多くの問題や障害は、現行法で指定されていないか、或いは完全に規制されていないかなどと適切ではありません。すでに計画に含まれているグループAプロジェクトの場合、各コンポーネントプロジェクトのPre-FSを準備する必要があるかどうかにかかわらず、規制が明確ではないことが言及できます。Pre-FSの準備は、プロジェクトを計画に入れる際にPre-FSの基本情報が考慮されているため、時間が長くなり、費用が増加します。後に展開されるプロジェクトのチェーンに時間の延長という影響を与え、各プロジェクトおよび投資チェーン全体の進行を遅らせます。

ペトロベトナムは、法律の規定の障害を検討するとともに、産業貿易省と調整して、次の会議で検討するために国会に提出する石油に関する改正法を起草しています。

ペトロベトナムのレー・マイン・フン事務局長は、これらの問題はベトナム国立石油ガスグループとその関連機関のほとんどの事業分野に直接影響を及ぼすことを強調しました。現在の状況では、石油とガスの資源は減少しており、石油とガスの探査、生産(E&P)活動を実施するための条件は、遠隔地で実施する必要がある場合、より困難になります。それに伴い、E&P活動や新規プロジェクトへの投資活動のメカニズムや方針は、多くの困難や課題に直面しています。石油およびガスの探査および生産プロジェクトへの投資を誘致するためのインセンティブメカニズムは、投資を誘致するほど魅力的ではありません。これはグループのコア事業活動に直接影響します。また、グループ活動の他の分野での実施における問題がタイムリーに解決されない場合、ペトロベトナムは設定された戦略に従って開発を継続するための条件と基盤を持たず、経済安全保障と国家安全エネルギーの確保に大きな影響を与えます。

ペトロベトナムは、ファム・ミン・チン首相の指揮の下、企業の制度的問題の解決に焦点を当てた抜本的な精神を持って、問題を積極的に検討し、そこから解決策を要約して提案し、適切な修正案を提案しました。石油・ガス法の改正を希望するとともに、不適切な法規制の改正を提案することで、当グループの生産・事業運営・管理活動の困難を解消し、今後の経済発展に貢献する意欲と機会を創出していきます。
文、撮影:フング・クオン