02/04/2016 11:18 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 核安全保障で国際協力を強化

「核なき世界」を目指すアメリカのオバマ大統領の呼びかけで2010年に始まった「核保安サミット」が3月31日、アメリカの首都ワシントンで開幕しました。今回のサミットには、56の国と機関が出席し、ベトナムからはファム・ビン・ミン副首相兼外相が参加しています。サミットは4月1日まで開かれ、核テロ対策を含め核安全保障の強化策を首脳らが討議しています。
サミットと合わせて、ミン副首相兼外相は、チリ・ナイジェリアの大統領、カナダ・イタリア・ノルウェイ、タイの首相、パン・ギムン国連事務総長などと会見しました。これらの席で、ミン副首相兼外相は核安全保障について情報と経験の交換を始め、国際協力を強化するよう呼びかけました。また、ミン氏と各国の指導者は、共に関心を寄せている地域と国際問題について協議したほか、通商・投資、再生エネルギーを始め各分野での協力を拡大する措置について話し合いました。
ソース:VOV