14/03/2018 09:28 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 日本のCPTPPに重要な役割

ベトナムは、ASEAN東南アジア諸国連合において大きな経済なので、貿易の面でも投資の面でも、CPTPP=包括的かつ先進的環太平洋経済連携協定に関する日本の戦略に重要な役割を果たすでしょう。

これは、亜細亜大学所属アジア研究所の石川幸一教授がベトナム通信社のインタビューに答えた際に出した見解です。

石川教授によりますと、8日にチリで採択されたCPTPPは、電子商取引や、知的所有権、国営企業などについて新しい規定を出したもので、21世紀のFTA自由貿易協定として世界の模範になります。また、CPTPPは、トランプ大統領が実施している保護主義政策への効果的な対策であるとしています。
ソース:VOV