12/07/2018 13:26 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 技術革新の模範

ベトナムは、126カ国の内、45位にランクされ、前年より2位上がっています。

10日、ニューヨークに本校を置くアメリカのコーネル大学で、WIPO=世界知的所有権機関は、コーネル大学及びフランスの経営大学院インシアード(INSEAD)と協力して、GII=グローバル・イノベーション・インデックス2018を発表しました。

これによりますと、ベトナムは、126カ国の内、45位にランクされ、前年より2位上がっています。また、下位中所得国の中で、ベトナムはウクライナに次ぐ2位に立っているということです。

国連駐在ベトナム代表団の科学技術担当参事官レー・タイン・ビンによりますと、今年のグローバル・イノベーション・インデックスで注目すべきことは、ベトナムのランキングが2016年より14位上昇したほか、このインデックスの7つの部門でベトナムが高いレベルにあることです。また、この5年、ベトナムのランキングは全ての部門で改善されつつあるとしています。

一方、WIPO世界知的所有権機関の専門家サチャ・ヴィンセント氏はベトナム通信社のインタビューに答えた際、「ベトナムはイノベーションにおいて効果が非常に高い国であり、下位中所得国にとって技術革新の模範でもあると述べました。

なお、GII=グローバル・イノベーション・インデックスは140カ国. 以上を対象としてイノベーション能力を査定し、 イノベーションを進展させる状況について評価します。
ソース:VOV