01/06/2019 12:08 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 安保理非常任理事国になる態勢を

来る6月7日、ニューヨークで、第73回国連総会は、国連安全保障理事会非常任理事国5か国を選出する投票を行います。ベトナムはアジア太平洋地域を代表する唯一の候補者となっています。 ベトナムのダン・ディン・クイ国連大使はVOVベトナムの声放送局のアメリカ特派員のインタビューに応えた際、国連加盟193ヶ国の中の3分の2の投票を得れば、ベトナムは安保理非常任理事国に選出されると明らかにし、次のように語りました。 「これまで、ベトナムはアジア・太平洋地域の唯一の候補者です。ベトナムの候補への支持を文書で示している国は100ヵ国以上で、口頭で支持を示している国は30ヵ国以上です。そのため、ベトナムの安保理非常任理事国入りの可能性は高いといえます。」 このように語ったクイ大使はまた、ベトナムが安保理非常任理事国になったら、すぐやらなければならないことは、安保理においてどのように活動するのかということであるとしています。 ソース:VOV