09/12/2021 10:47 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 外国の製薬企業との協力を希望

(VOVWORLD) -  7日、グエン・タイン・ロン保健大臣は在ベトナムベルギー大使館のPaul Jansen大使、ロシアのGennady Bezdetko大使、イギリス大使館のGareth Ward大使らとそれぞれ会合を行いました。

これらの席で双方は医療と新型コロナ対応、とりわけワクチンと治療薬の生産、技術移転での協力について協議しました。大使らは新型コロナ対応へのベトナムの努力を高く評価するとともに、ワクチン接種キャンペーンの成果に深い印象を示しました。

ベルギーのPaul Jansen大使との会合でロン保健大臣は薬事法の点検・改正を進めていると明らかにし、欧州、中でもベルギーと協力し、ベトナムの薬事管理作業を世界基準に近づけ、国民の健康ケアと治療に必要なワクチンと治療薬を確保することが狙いであると明らかにしました。

一方、ロン大臣との会合でロシアのGennady Bezdetko大使は新型コロナワクチンの生産とチューブ詰めでの協力の傍ら、ロシア企業は医療、科学・薬品分野でベトナムとの協力を拡大する意向があると語りました。

こうした中、イギリスのGareth Ward大使は子どもへの新型コロナワクチン接種に関する経験をベトナムに分かつ用意があると表明するとともに、新型コロナワクチンと治療薬の生産でベトナムとの協力を希望すると明らかにしました。