08/07/2018 11:15 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 国連人権理事会の第38回会議に積極的に参加

6日、ジュネーブで、国連人権理事会の第38回会議が3週間の議事日程を終え、閉幕しました。

今回の会議で、人権理事会は20件の決議を採択し、その中には、ベトナム・フィリッピン・バングラデシュの3カ国が提案した気候変動と人権に関する決議があります。

ジュネーブにある国連欧州本部駐在ベトナム代表団の団長を務めるズオン・チ・ズン大使は、世界各国の多くが気候変動から大きな影響を受けている中で、発展途上国の気候変動対策を支援した上で、女性をはじめ、人間の権利を保護・促進することは重要な課題であると述べました。

この決議のほか、ベトナム代表団は、他の決議について多くの意見を出し、参加国から好評を受けています。また、ベトナムは、フィリッピンの主催の下で行われた「女性の権利促進・ASEANの見方」と題するセミナーの共同補助者となりました。
ソース:VOV