04/09/2018 06:55 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム 国連人権理事会の勧告の96%を実現

これまで、国連人権理事会の175の勧告を実現させました。これは、国連人権理事会が出した勧告の96%に達しています。 30日、ベトナム中部ダナン市で、人権保護に関する国際シンポジウムが行われました。 シンポジウムで発表された報告によりますと、人権の保護と促進を目指すという終始一貫した立場で、ベトナムは、国連加盟国の人権状況を普遍的に審査する枠組みとして盛り込まれた制度であるUPR普遍的・定期的レビューを重視しており、これまで、国連人権理事会の175の勧告を実現させました。これは、国連人権理事会が出した勧告の96%に達しているとしています。 ホーチミン国家政治学院の国際協力部のホアン・ヴァン・ギア部長は次のように語りました。 「ベトナムは、8つの人権政策を主張しています。その中で、人権の尊重・保護・実施は最も重要な政策です。また、社会福祉政策は、2013年憲法の第34条を実現させるために、制定されました。憲法に社会福祉権利を盛り込むのは今回の憲法が初めてです。この第34条は、身体障がい者を始め、社会の弱者の権利保障に役立っていると思います。」 シンポジウムで、ベトナムの最優先課題は法治国家を構築し、人権の保護と促進を目指す法整備を進めることであるという意見が相次ぎました。 ソース:VOV