07/04/2018 10:41 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム-イタリアのシルクの演奏

ファッションの「言語」を通じて、人々は「シルクの演奏」が観賞でき、ベトナムとイタリアのファッションの交流についての想像がよく理解できた。
ベトナム-イタリアのファッションウィックはハノイのジエン・ホン花園において行われ、イタリアの空間の中にいる感覚を人々にもたらした。

ベトナムとイタリアのデザイナーはシルクを使用し、様々なデザインを紹介した。

在ベトナムイタリア大使館のCecilia Piccioni大使は「ベトナムがファッションに興味を持ち、才能のある多くのデザイナーがいる。ファッションは両国の重要な協力の分野の一つになった。ベトナム-イタリアファッションウィックはベトナムイタリア外交関係樹立45周年記念の活動の最初のイベントである。」と述べた。


ベトナム-イタリアファッションウィックは
ベトナムイタリア外交関係樹立45周年記念の活動の最初のイベントである。


「維持」と題されたコレクション

フオン・タインデザイナーのコレクション


ニー・ホアンデザイナーのコレクション

カオ・ミン・ティエンデザイナーのコレクション


Bianco Lervinデザイナーのコレクション


スアン・ハオデザイナーのコレクション


Del Valle Cortizas Diegoデザイナーのコレクション



コン・フアンデザイナーのコレクション


フエン・ニュン・グエンデザイナーのコレクション


ミン・ハインデザイナーのコレクション

ベトナム-イタリアファッションウィックにあたり、イタリアの大統領は両国の外交関係ミン・ハインデザイナーに騎士を授与した。
特に、ミン・ハインデザイナーはシルクに刺繍する原料で作られたデザインを紹介した。

みんなの注目を集中する他のコレクションはフオン・タインデザイナーの18のデザインである。Bao Loc Silkの製品と結合するそのコレクションを通じて、とベトナムの田舎の姿が見える。



ベトナム人の15人のデザイナーの他、イタリア人のMichele Gaudimonteデザイナー、Bianco Lervinデザイナー、スペイン人のDel Valle Cortizas Diegoデザイナーもいる。ベトナムで行われるファッションウィックに最初に参加するMichele Gaudimonteデザイナーはベトナム人の人々にイタリア風のロマンチックのシルクのコレクションを紹介した。Michele Gaudimonteデザイナーは同プログラムを通じて、ベトナム人のデザイナーのシルクに印刷し、刺繍する技術を理解する意を表明した。

ミン・ハインデザイナーは「ベトナムとイタリアのシルクでベトナムのファッションの流れを作り出すのはデザイナーが伝統的な価値から発展したいからである。」と述べた。

他は、同プログラムにおいても、「シルクの作り方」と題された展覧会でハノイとBao Loc Silkの工芸者の伝統手的なシルクの作り方も理解できる。

両国のシルクを紹介する空間



同展覧会で紹介するシルク



シルクの作り方



多くの人々の関心を集中する「シルクの作り方」と題された展覧会
 
文:ガン・ハ
撮影:カイン・ロン