26/12/2021 12:30 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム通信社が投票で選んだ2021年のベトナム国内10大ニュース

1. 第13期全国党大会は大成功

2021年1月25日から2月1日までハノイで開催された第13回全国党大会は大成功を収め、「連帯・民主・規律・創造・発展」をテーマの会議は重要な節目となり、幸福で繁栄した国に発展させるという願望を喚起し、国民の団結の意志と強さをより強固にし、包括的かつ同期的に改革、工業化、近代化のプロセスを強化します。



発表するグエン・フー・チョン第13期中央委員会書​​記長、ベトナム社会主義共和国主席。
撮影:ベトナム通信社

2.全国で約7千万人の有権者が投票し国会と各レベルの人民評議会議員を選出。

2021年5月23日、全国の有権者の99.6%が投票に参加し、市民権と義務を行使し、第15期国会の499人の議員、省人民評議会の3,721人の代表、県人民評議会の22,250人の議員と村人民評議会の239,788人の代表者を選出しました。


本土より1週間早く、2021年~2026年任期の第15期国会および各レベルの人民評議会議員選挙の投票を行うソン・カ島の軍幹部と兵士。
写真提供:ベトナム通信社

3.新型コロナウイルス感染症対策の戦略を転換

新型コロナウィルスのデルタ変異株出現による第4波により全国の多くの地域、特に南部各省や都市での多くの感染者と死者が発生し、従来の予防と管理の成果を大きく覆されました。ベトナム共産党と国家は、新型コロナウイルス感染症の予防と管理の戦略を「ゼロコロナ」から二重の目標に変更しました。


ハノイのザン・ヴォー通りの停留所でバスを待つ人。
撮影:トゥアン・アイン/ベトナム通信社

4.ワクチン戦略の成功

ベトナム共産党と国家はすべての資源を動員し、ワクチン基金を設立し、集団免疫獲得を目標とする新型コロナ感染症ワクチン戦略を実施することを決定しました。ワクチン外交や国内でのワクチンの研究・製造により、歴史上前例のない規模で無料ワクチン接種キャンペーンを実施し、世界平均よりも30%速い接種を達成しました。


人々に接種する新型コロナ感染症に対するワクチンを準備する医療スタッフ。
ソース:ベトナム通信社

5.党の構築と是正に関する5つの重要な文書の公布

第13期大会任期の初年度、党は次のよう発表を行いました。「ホーチミン主席の思考、道徳、スタイル」に関する2016年5月15日付け指令05号-CT / TWの実施の継続についての政治局の結論01号-KL / TW、第13回中央委員会の第4プレナム「党と政治システムの構築と是正の加速について」規則37号-QD / TWおよび「党員がしてはならないことについて」結論21号-KL / TWの三つの範囲、目標、および解決方法に多くの新しい項目を追加した文書と、新型コロナウイルス感染症に対して幹部が創造的に、熟慮し、実施することを奨励し、保護するための結論14号KL / TW、幹部の解任と辞任に関する規則No.41QD / TWの二つの文書が初めて交付されました。


建設事業と修正作業に関する全国幹部会議。
ソース:ベトナム通信社

6.全国文化会議は国内の資源を発掘、ユネスコはベトナム文化を尊重

第13期党大会の決議を実施する全国文化会議は6つの具体的な目標と10の主要な解決策を策定し、愛国心、自立、願望を強く喚起し続け、繁栄する国を発展させ、国民のアイデンティティを維持し、新しい時代にベトナム文化を発展させ、2045年のビジョンを視野に入れた2030年までに国の開発目標を成功裏に実現するために多大な国内資源を強力に振興します。

展覧会「文化は国の道を照らす」を訪れるグエン・スアン・フック主席、ヴオン・ディン・フエ国会議長、ベトナムの指導者および元指導者。
撮影:ゾアン・タン・ベトナム通信社

7.ベトナムは多国間協力規制に積極的に参加

国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP 26)で、ベトナムは2050年までに温室効果ガス排出量を「ゼロ」に削減し、2030年にはメタンを2020年と比較して30%削減することを約束し、経済モデルのグリーン成長への転換と気候変動への包括的な対応を加速するというベトナムの政治的決意を強調しました。


第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)で講演するファム・ミン・チン首相。
撮影:ズオン・ザン/ベトナム通信社

8.経済の大きな変動といくつかの成長の柱を維持するための努力

2021年の第3四半期のGDPは昨年の同時期と比較して6.17%減少しました。これは、新型コロナウイルス感染症の第4波の影響により、ベトナムが四半期のGDPを発表して以来、最も大きな減少です。南部のサービス部門である工業生産は大幅な減少を記録し、第3四半期に最大60%の人々が職を失ったり収入を減らしたりしました。


自動車およびバイク技術の生産ラインで機器を組み立てる従業員。
撮影:トゥアン・ドゥック/ベトナム通信社

国会と政府は困難を取り除き、人々と企業を支援し、すべての投資と生産資源を開放して、「流行を防ぎながら経済発展を」という二重の目標を実現するという強力な決定を下しました。その結果、ベトナムは多くの重要な経済目標を達成し、上回ることができました。

これは、「新型コロナウイルス感染症防止と経済発展」という二重の目標を実現するために、困難を取り除き、企業と人々がすべての投資、生産、およびビジネスリソースを解き放つことを支援することについての国会と政府の重要な決定を実施する上での政治システム全体と経済部門の多大な努力と決意の結果です。

9.人口に関する全国データベースシステムを初めて運用

全国人口データベースシステムは2021年7月1日から運用されており、電子政府、デジタル政府、デジタル社会の発展における重要な基盤となっています。
指紋サンプルを採取して、電子チップで市民を識別。
ソース:ベトナム通信社
電子チップを備えた国民識別カードを発行するという目標を達成するとともに、ベトナム国民に関する基本情報が初めて標準化、デジタル化され、現代性、利便性、節約の方向性に基づいた国家管理および機関、組織、個人の取引の相互接続システムに組み込まれます。

10.ベトナムのスポーツは困難な状況で印象的な成果を達成

ベトナムの男子サッカーチームは2022年ワールドカップの予選3回戦に史上初めて到達し、フットサルチームはFIFAFutsalワールドカップ決勝に2度目の参加権を獲得しました。

2022ワールドカップ決定アジア予選ラウンドに参加するベトナムサッカーチーム。
ソース:ベトナム通信社

個人的な業績としては、障害者のウェイトリフターであるレー・ヴァン・コンが東京2020パラリンピックの49キロ級で銀メダル、女性ボクサーのグエン・ティ・トゥ・ニがベトナムで初めてWBOチャンピオンベルトを獲得しました。