29/03/2019 10:47 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム観光見本市2019が始まる

27日午前、ハノイで、「グリーン観光」をテーマとしたベトナム国際観光見本市VITM 2019が開幕しました。
開幕式で、文化スポーツ観光省のグェン・ゴック・ティン大臣は「2018年、ベトナム観光部門は著しい発展を見せた。
2019年、観光部門は外国人観光客1800万人、国内観光客8500万人を誘致する目標を掲げている」と明らかにしました。この目標を達成するため、グェン・ゴック・ティン大臣は次のように語りました。

「ベトナム観光部門は第4次産業革命の科学技術の成果、各地方の独特な文化の価値を活用して、国内外の観光客の需要に応え、ベトナムを地域の有力な目的地にすることを図るため、今後もインベンションとイノベーションを引き続き行う必要があります」
ベトナム国際観光見本市VITM 2019は27日から30日にかけて開催され、旅行分野に携わっている世界の25の国々と地域の500の展示ブースが設けられています。
見本市に出展しているベトナム航空会社ベトナム・エアラインはベトナムの格安航空会社であるジェットスターパシフィック航空と協力して、乗客に4000枚の割引クーポンを提供します。国内線で最大5割、国際線で最大3割引となります。
ソース:VOV