06/03/2020 11:39 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム経由で帰国の日本人、新型コロナ感染確認

ベトナム航空ベトナム・エアラインの航空機でカンボジアからベトナムを経由して日本に帰国した日本人観光客は新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることが確認されました。
ベトナム保健省の情報によりますと、この観光客は3日にシェムリアップ発ホーチミン行きVN814便でホーチミン市タンソンニャット国際空港に到着し、翌4日午前出発のホーチミン発名古屋行きVN340便で日本に帰国しました。

男性が搭乗していたVN340便の乗務員は、折り返しの名古屋発ホーチミン行きVN341便でそのままベトナムに戻り、4日13時55分にタンソンニャット国際空港に到着しました。

VN341便がタンソンニャット国際空港に到着した後、乗客73人のうち51人と乗務員12人、グランドスタッフ8人が隔離施設に移されました。残る乗客22人はマレーシアおよびカンボジア、ミャンマーへ乗り継ぐ予定で、別途隔離されました。このほか、感染者の男性およびVN341便のグランドスタッフと接触があったとして、空港のセキュリティスタッフ2人とビジネスクラスラウンジスタッフ4人も隔離されました。

日本人男性のカンボジアでの動きについては、ベトナムと日本の当局が協力して調べています。保健省は、この男性はベトナムを経由しただけで接触も限られているとしながらも、警戒を高めて男性が搭乗していた便の全ての乗客・乗務員と、男性と接触のあった空港スタッフに隔離措置を適用しています。ベトナム航空ベトナム・エアラインの航空機でカンボジアからベトナムを経由して日本に帰国した日本人観光客は新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることが確認されました。
ベトナム保健省の情報によりますと、この観光客は3日にシェムリアップ発ホーチミン行きVN814便でホーチミン市タンソンニャット国際空港に到着し、翌4日午前出発のホーチミン発名古屋行きVN340便で日本に帰国しました。

男性が搭乗していたVN340便の乗務員は、折り返しの名古屋発ホーチミン行きVN341便でそのままベトナムに戻り、4日13時55分にタンソンニャット国際空港に到着しました。

VN341便がタンソンニャット国際空港に到着した後、乗客73人のうち51人と乗務員12人、グランドスタッフ8人が隔離施設に移されました。残る乗客22人はマレーシアおよびカンボジア、ミャンマーへ乗り継ぐ予定で、別途隔離されました。このほか、感染者の男性およびVN341便のグランドスタッフと接触があったとして、空港のセキュリティスタッフ2人とビジネスクラスラウンジスタッフ4人も隔離されました。

日本人男性のカンボジアでの動きについては、ベトナムと日本の当局が協力して調べています。保健省は、この男性はベトナムを経由しただけで接触も限られているとしながらも、警戒を高めて男性が搭乗していた便の全ての乗客・乗務員と、男性と接触のあった空港スタッフに隔離措置を適用しています。
ソース:VOV