23/09/2019 06:34 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム祖国戦線の第9回全国代表大会が始まる

19日午前、ハノイで、「団結 民主 刷新 発展」をテーマとするベトナム祖国戦線の第9回全国代表大会が開幕し、グエン・スアン・フック首相、グエン・ティ・キム・ガン国会議長、老革命家、国際組織、外交団の代表、及びベトナムの人民各層、人民武装勢力、各民族、宗教、国外在住ベトナム人の代表およそ千人が参加しました。
ベトナム祖国戦線の第9回全国代表大会が始まる - ảnh 1
 席上、開会式で、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のチャン・タイン・マン議長は「同大会は第8回大会決議の実施状況や民族大団結を評価し、新任期の行動計画を打ち出すとともに、第9期ベトナム祖国戦線中央委員会の選出を協商する」と明らかにしました。
一方、発言に立ったグエン・スアン・フック首相はベトナム祖国戦線の前身であるベトナム民族統一戦線を創立したホーチミン主席の民族大団結に関する思想について触れ、「これは党と全民族の第一の目標でありながら、重要な任務でもある」と強調し、次のように語りました。

「これまで収めてきた成果を見るとベトナム祖国戦線は自発的な政治的連盟であり、人民政権の政治的基礎で、人民の正当で合法的な権利と利益を守る代表でもあり、政治システムの重要な組織として活躍していることが分かりました。」
このように語ったフック首相はまた、新段階において新たな困難や試練が浮上し、民族大団結に悪影響を与える恐れがある背景の中で祖国戦線の第一の任務は民族大団結を強化することであるとの見解を示し、次のように語りました。

「祖国戦線は愛国伝統の宣伝、教育を頻繁に行なうとともに、人民各層を集結させ、思想と行動の統一性を確保し、党と国家の政策、主張、法律を効果的に遂行すべきです。また、人民各層に対して、労働者・農民・知識人の連盟の強化に励むよう激励する必要があります。さらに、祖国戦線は民主体制を発揮し、平等性を尊重して、社会のあらゆる力を祖国の建設防衛事業に活用しなければなりません。」
19日午後、大会では民族大団結の力の発揮や民主制の実施、国民の正当で合法的な権利と利益の保護などについて討議が行なわれました。
ソース:VOV