03/10/2018 10:39 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム産ナッツのヴィエットロータス、ホーチミン高島屋に初の常設店オープン

ベトナム産のカシューナッツとカカオの現地製造・輸出入・直販・卸を手掛けるヴィエットロータス(VIET LOTUS、三重県三重郡菰野町)は25日、ホーチミン市1区の高島屋地下2階に、常設店として初となるヴィエットロータス1号店をオープンした。

 同社はこれまで日本国内の主要百貨店や輸入食材店を中心にポップアップまたは期間限定で商品を販売してきたが、2017年10月から11月にかけては高島屋ベトナム1号店に期間限定で海外初出店を果たした。その後、12月と今年3月、5月にも高島屋ベトナム1号店に期間限定の店舗を出店している。

 店舗で取り扱う商品は、◇無農薬カシューナッツ3種、◇カシューナッツフロランタン、◇ビーントゥーバーチョコレート4種、◇カカオ3種、◇フリーズドライフルーツ2種。中でもカシューナッツフロランタンは海外1号店に合わせた新商品で、砂糖・保存料不使用かつ無農薬のフリーズドライフルーツも同じく新商品となる。

 店舗では、スタッフ全員が日本語および英語での対応が可能。個人の土産などとしての購入だけでなく、今後は高島屋と連携し、ベトナム企業や日系企業向けの箱もの(のし付き)をはじめ、予算に応じた個別注文に対応するなどの外商にも力を入れる。

 同社は、これまで展開してきた直販と有名ナショナルチェーンへのプライベートブランド商品の卸に加えて、日本の大手への材料輸出もこれまで以上に行っていく計画だ。
ソース:VOV