05/05/2020 09:41 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム漁業協会、中国の休漁期間の設定に反発

(VOVWORLD) -4日、ベトナム漁業協会は、政府事務局、農業農村開発省、外務省、中央対外委員会に文書を送りました。
その中で、先頃、中国の当局者がベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海にあるホアンサ群島と北部湾の一部を含む大部分の海域で5月1日から8月16日にかけて、休漁期間を設定したことに反発しました。

声明の中で、「中国当局による休漁期間の設定はホアンサ群島に対するベトナム領有権の他、1982年の国連海洋法条約に規定されているベトナムの権利に違反し、ベトナム漁民の漁獲活動を妨げるものである」と強調しました。

同協会は中国のこの行為に反発すると共に、中国のこの規制はベトナムが領有権を主張している海域で無効であると明らかにしました。