11/08/2016 09:42 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム小売業の新星Vinmart

この2年間ベトナム小売業分野で急速な成長を見せているVinmartは、高い評価を受け、今では業界のトップのブランドになった。経済の専門家はVingroupがベトナムの国内の小売業市場に大きな影響を与え、外資系の小売業との競争での旋風を起すであろうと見ている。
2014年11月20日から、Vinmartはベトナムの市場で正式に活動を始め、ハノイで9店舗のスーパーを開店させた。
2016年6月現在、50店のスーパーと830店のコンビニエンスストアーがある。1ヶ月で平均3店舗のスーパーと46店舗のコンビニエンスストアーが生まれた。これは約1日1店舗強の割合である。

Vingroupの奇跡は、自社の財政力によりこの成功を収めた。しかし、これからは、財政力だけでなく、管理能力、他社との競合、経験と長いビジョンを持つことが必要である。

第一に、大量のコンビニストアを開く。各大都市の小さな町の住宅地の中に設置され、店舗面積は500㎡以内で、開き、消費者のニーズにあったユーティリティが必要である。

Vinmart各店舗には、主に新鮮な肉、魚、新鮮な果物、野菜など安全基準を検査され品質と価格もリーズナブルである。

VinEcoブランドはVingroupの小売店の強い戦力である。
撮影:チャン・タイン・ザン



ベトナム訪問中、ニュージーランドの首相は(左から2番目) Vinmartスーパーを訪問した。
撮影:Vingroupの資料



Vinmartスーパーで販売される海産物。
撮影:チャン・タイン・ザン



Time City、Royal City、 Vincom Centerグエンチタイン、 Vincomバーチィエウなどの大きな新市街地で開業するVinmart。
撮影:チャン・タイン・ザン



グエンチタインのVincom Center内におけるVinmartのコーナー。
撮影:チャン・タイン・ザン



Vinmart スーパーと各コンビニストアで販売される安全野菜。
撮影:チャン・タイン・ザン



Vinmartの中の商品の陳列の様子
撮影:チャン・タイン・ザン



セールの製品。
撮影:ホアン・クアン・ハ



N
Vinmartで販売される果物。
撮影:ホアン・クアン・ハ


セールの製品を選んでいる消費者。
撮影:ホアン・クアン・ハ
Vinmartは、従来の市場の安全衛生製品の問題に付いて1つの解決方法を打ち出した、Vinmart店が開かれたことは消費者の小売店に対しての新たな見方をもたらした。

Vinmart+もVinEcoブランドの農産物を販売する戦略もある。VinEcoはイスラエル、日本、オランダなどの技術を使用し、栽培された野菜と果物のブランドであり、VietGAP、GlobalGAPの標準に達する。

次に優先されることは、ベトナムの各中小企業はVingroupによって、技術と品質を管理するシステムなどを援助されVingroupをサポートします。企業と一緒に製品の質を向上させるため資金を投資します。

文:タオ・ヴィ
撮影:チャン・タイン・ザン、ホアン・クアン・ハと資料