06/04/2020 10:19 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム外務省、中国大使館に抗議

先頃、ベトナムの東部海域、いわゆる、南シナ海にあるホアンサ群島付近で、中国海警局の船が操業中のベトナムの漁船を沈没させた事件がありました。

3日、ベトナム外務省のレ・テイ・トゥ・ハン報道官はこの事件に関する記者団のインタビューに答えた際、「ベトナムはホアンサとチュオンサ両群島に対する領有権を示す歴史的、かつ、法的証拠を十分に所有している。中国の船はベトナムの主権を侵害したうえに、乗組員の命を危険にさらした。また、この行為は漁民への人道的待遇に関する両国の指導者の共通認識と海上問題の解決の基本指導原則に関する合意、及び、海上行動宣言に逆行している。また、この行為はベトナム東部海域の情勢を複雑させると共に、この海域の平和、安定、協力の維持にマイナス影響を与えている」と明らかにしました。

一方、3日、ベトナム外務省の代表はベトナム駐在中国大使館に対して抗議するとともに、同様の行動を繰り返さないよう求めました。
ース:VOV