09/02/2018 11:39 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム共産党創立88周年を記念

2日、中部カインホア省党委員会はベトナム共産党創立88周年を記念する式典を行いました。 席上、同省党委員会のレ・タイン・クアン委員長は演説を行い、現段階の党委員会の重要な任務に触れ、党建設や指導力・戦闘力の向上に全力を尽くすべきであると強調しました。 一方、同日、南部ビンフオック省党委員会は党創立88周年を記念し、代表的な党委員会委員長を表彰する式典を行いました。 こうした中、2日午後、ハノイ市の仏教協会とカトリック団結委員会の代表団はハノイ市党委員会本部を訪れ、党創立88周年を祝いました。 他方、2日、ロシアの首都モスクワで、ベトナム大使館の党委員会は党創立88周年を記念する式典を行いました。席上、ゴ・ドク・マイン大使はこの88年間に渡る党の建設発展の道のりを振り返りました。マイン大使は党委員会に対し、経済、貿易、工業、投資、科学技術、文化、国防安全保障などの分野におけるベトナムとロシアの協力関係の強化措置を提案するよう希望を表明しました。 同日、アルジェリア駐在ベトナム大使館は党創立88周年、及び1968年テトの大攻勢50周年にあたり、座談会を行いました。 ソース:VOV