20/06/2021 23:37 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム代表が初めて、W杯アジア3次予選に進出

サッカーのワールドカップ(W杯)アジア2次予選の枠内で、15日夜、アラブ首長国連邦で、ベトナム代表はアラブ首長国連邦代表と対戦し、2対3で負けました。 しかし、これまで、ベトナムは8試合中、5勝2分と1敗で、3次予選に進出する資格を獲得しました。ベトナムがワールドカップアジア3次予選に進出するのは今回が初めてです。アラブ首長国連邦との試合でゴールを決めたミン・ブオンさんは次のように話しています。 「実際、グループGの最も強い相手に対戦しましたが、チーム全員は全力で戦いました。特に、最も重要なのは、ベトナムが3次予選に進出できることです。今後、より高い成績を収めるように、チーム全員は頑張っていきます。」 2022 FIFAワールドカップカタール アジア3次予選(最終予選)進出国の12カ国が出そろいました。ベトナムに加えて、日本、シリア、オーストラリア、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、韓国、中国、イラク、オマーン、レバノンの12カ国が進出します。 ソース:VOV