25/03/2018 14:06 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・韓国の共同宣言、未来へ向ける

韓国のムン・ジェイン大統領夫妻のベトナム国賓訪問にあたり、24日、両国は共同宣言を発表しました。共同宣言の主な内容は次の通りです。 「双方は、互恵を基礎に、あらゆる分野での協力関係を拡大、深化し、ベトナム・韓国の戦略的パートナー関係を強化していきます。また、相互訪問や多国間会議に際しての会合、政府、議会、政党、社会団体間の対話の開催など、交流活動を多様化することで一致しました。 一方、均衡的な貿易協力を推進し、2020年までに商取引額を1千億ドルにするという目標の達成を目指すとともに、2018年内、RCEP=東アジア地域包括的経済連携協定の交渉を促進するとしています。 両国の指導者は外交、国防・安全保障に関する対話と協力、また、若者の友好関係や交流を強化する一方、教育の協力規模を拡大し、ベトナムでの韓国語教育と韓国でのベトナム語教育を進めることで合意しました。他方、裾野産業、電子、エネルギー、ハイテク、インフラ整備、スマートシティづくり、工業団地、インベンションへの投資を奨励しています。 さらに、多国間フォーラムで協力を強化し、非伝統的安全保障問題への対応や食糧安全保障、エネルギー安全保障の確保で緊密に連携していくことでも合意しました。双方は、ベトナム東部海域の平和、安定、海上・上空の自由航行の重要性を強調し、あらゆる紛争を平和的措置で解決すべきで、DOC=海上行動宣言の完全履行、COC=海上行動規範の早期作成に取り組む必要があるという立場を共有しています。 そして、朝鮮民主主義人民共和国の核問題の解決と朝鮮半島の平和回復は国際社会にとって必至の問題となるとしています。ベトナムは核問題の平和的解決や南北朝鮮の対話の促進に向けての韓国の努力を支持すると表明しました。 24日、ムン大統領夫妻はベトナム国賓訪問を終え、帰国の途につきました。 ソース:VOV