01/06/2018 09:13 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・日本 環境保護を協力

5月30日、ベトナム南部カントー市で、同市人民委員会のダオ・アイン・ズン副委員長は、広島県の代表団と会合を行い、廃棄物処理に従事している双方の企業の協力について話し合いました。
会合で、ズン副委員長は、環境保護は、カントー市を始め、メコンデルタ地域の差し迫った問題で、行政府と国民の特別な関心を受けていると述べました。また、広島県の企業を誘致して廃棄物処理に関する先進的な技術を導入したいとの考えを示しました。

ズン副委員長は、広島県の企業を廃棄物処理の分野に誘致することはカントー市の経済社会発展に寄与するだろうと明らかにしました。
ソース:VOV