29/04/2021 09:24 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・マレーシアの高官級戦略対話

(VOVWORLD) - 28日午前、外務省本部でファム・クアン・ヒエウ外務省補佐官とマレーシア外務省のアムラン・ビン・モハマッド ・ジン副事務局長の共催により、ベトナム・マレーシアの第2回高官級戦略対話がオンライン方式で行われました。

双方はさる4月24日、インドネシアで行われたASEANの指導者会合に際してのベトナム・マレーシア両首相の個別会見で達成した合意の展開を目指す各分野での具体的な協力方向について話し合いました。また、新型コロナ収束後、高級代表団の交換を行い、政府合同委員会や貿易協力合同委員会などの協力メカニズムを早期に展開し、2021年~2025年期の戦略的パートナーシップの展開を目指す行動計画の作成を急ぐことで一致しました。さらに双方はASEANと国連をはじめ、多国間場裏で緊密に連携し、互いに支持し合うと表明しました。
そしてベトナム東部海域問題について、海上・上空での自由航行や平和、安定、安全保障を確保することの重要性を強調し、紛争を平和的措置で国際法、中でも1982年国連海洋法条約に従って解決し、COC=海上行動規範の交渉に便宜を図る必要があるとしています。