29/11/2017 10:55 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・ポーランド共同宣言

27日から30日にかけて、行われているポーランドのドゥダ大統領のベトナム国賓訪問にあたり、両国は共同宣言を発表しました。

宣言によりますと、ベトナムを訪問中、ドゥダ大統領はチャン・ダイ・クアン国家主席と会談を行ったほか、グエン・フ・チョン共産党書記長、グエン・スアン・フック首相らと会見し、ベトナム・ポーランド企業フォーラムに参加しました。また、ポーランド投資貿易総局の代表事務所の開設式に列席し、ホーチミン市を訪れました。

クアン主席はドゥダ大統領との会談で、ベトナムはポーランドをはじめ、東欧諸国との友好と多面的な協力関係の強化を重視していると強調しました。

双方は貿易・投資分野での協力の潜在力を最大限に活用するため、経済協力体制の設立で一致しました。

一方、農業、資源・環境、科学技術分野での協力や経験交換を進めることでも合意しました。

さらに、国防産業や軍人の育成、国連平和維持活動への参加、戦争後遺症の克服などで協力を強化していく意向があるとしています。

ドゥダ大統領はベトナム・EUのFTA=自由貿易協定の早期締結と批准を支持すると表明しました。一方、クアン主席はポーランドとASEAN諸国との協力の強化を支援する用意があると強調しました。

双方は国連、ASEM、ASEANなど、地域と国際場裏で互いに支援し、行動を強調していくことで一致しました。そして国際法、とりわけ1982年国連海洋法条約の遵守を促すとともに、平和、安定、安全保障、海上・上空の自由航行を支持すると表明しました。
ソース:VOV