23/06/2021 10:43 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・ドイツ関係を深化

(VOVWORLD) - メルケル首相は、「ドイツにとって、ベトナムは重要な相手国である」と強調しました。

22日、ファム・ミン・チン首相はドイツのメルケル首相と電話会談を行いました。席上、チン首相はドイツの関係を重視するというベトナムの政策を再確認しました。これに対し、メルケル首相は、「ドイツにとって、ベトナムは重要な相手国である」と強調しました。
また、「両国は多大なチャンスに恵まれており、それらのチャンスを掴む必要がある」との見方を示しました。経済協力に関し、両首相は、EVFTA=ベトナムと欧州連合との自由貿易協定のメリットを活用することで一致しました。
チン首相はドイツ側に対し、ベトナムの農産物の輸入に便宜を図るよう提案しました。一方、メルケル首相は、「EVFTAは双方関係に原動力を作り出す」と述べるとともに、「ドイツ企業はベトナムに関心を寄せている」と明らかにしました。
チン首相は新型コロナウイルスのワクチンの研究・開発・生産とその技術移転、および、ドイツ在留ベトナム人などの問題にも言及し、ドイツ側の協力と支援を訴えました。