18/11/2019 09:20 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム・カザフスタン、地域と国際場裏で緊密に連携

グエン・ティ・キム・ガン国会議長の招きに応え、カザフスタンのヌルラン・ニグマトゥリン下院議長率いる代表団は13日から15日にかけてベトナムを公式訪問しています。
ベトナム・カザフスタン、地域と国際場裏で緊密に連携 - ảnh 1 写真提供: Trong Duc
14日午前、国会議事堂でガン議長はニグマトゥリン下院議長の歓迎式を主宰した後、両議長は会談に臨みました。
席上、両議長は2016年、締結したベトナムとユーラシア経済連合の自由貿易協定で、双方の経済貿易協力は前向きな進展を見せており、協力の余地は大きいとの見解を示しました。また、両者はIPU=列国議会同盟やAPPF=アジア・太平洋議員フォーラム、ASEP=アジア学生交流環境フォーラムなどで緊密に連携して、ともに関心を持つ諸問題について話し合うことで一致しました。
会談後、両議長は共同記者会見を行ないました。会見で、ガン議長は「双方がベトナムの得意分野であり、カザフスタンの必要な分野である軽工業、食品産業、紡績縫製分野で協力を優先的に進め、ベトナム・ユーラシア経済連合の自由貿易協定のメリットを活用することで一致した」と明らかにしました。また、地域と国際場裏、中でもCICA=アジア相互協力信頼醸成措置会議、国連、非同盟運動で互いに支持し、緊密に協力し合うとしています。ガン議長は次のように語りました。

「双方は立法機関の協力合意書の締結の可能性を研究し、持続的かつ効果的な協力、政治協議の維持に基盤をつくり、多国間分野で緊密に連携することで合意しました。両国の協力関係は発展する余地が大きく、互いに支援することができます。それぞれの国会は役割を発揮して、双方関係の深化に尽力する必要があります。」
一方、カザフスタンのニグマトゥリン下院議長は「ベトナムを東南アジア地域におけるカザフスタンの戦略的なパートナーと見なしている」と強調し、次のように語りました。

「両国の国会はそれぞれの国の経済、貿易、投資発展で重要な役割を果たしています。双方は今後、国会をはじめ、各委員会、友好議員グループの代表団の交換を進めることで一致しました。また、立法活動に関する経験を互いに学び、両国会の協力関係の強化に法的枠組みをつくることでも合意しました。」
ソース:VOV