21/02/2019 10:21 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムを国賓訪問中のアルゼンチン大統領

20日午前、主席府で、チョン党書記長・国家主席の主催の下で、マウリシオ・マクリ大統領夫妻の歓迎式典が盛大に行われました。
ベトナムを国賓訪問中のアルゼンチン大統領 - ảnh 1
既にお伝えしましたように、グエン・フ・チョン国家主席の招きに応え、アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領夫妻は19日から21日の日程で、国賓としてベトナムを訪問しています。20日午前、主席府で、チョン党書記長・国家主席の主催の下で、マウリシオ・マクリ大統領夫妻の歓迎式典が盛大に行われました。
その後、チョン党書記長・国家主席とマウリシオ・マクリ大統領は会談を行いました。席上、双方は、それぞれの国の状況を紹介した他、両国間の全面的なパートナーシップを広範的、かつ、効果的で、実質的に発展させる方向と措置を討議しました。
ベトナムを国賓訪問中のアルゼンチン大統領 - ảnh 2
続いて、両氏は、両国間の協力合意書の調印式に立ち会いました。
同日午後、グエン・ティ・キム・ガン国会議長はマクリ大統領とかいけんしました。席上、ガン議長は双方に対し、国家、政府、議会の代表団の交換を促進するよう要請するとともに、アルゼンチン下院代表団は2015年、3月、ハノイで開催されたIPU列国議会同盟の第132回総会に出席したことや、アルゼンチンがベトナムとの友好議員グループを設立したことを高く評価しました。
一方、マクリ大統領は双方が国際場裏で連携を強化する必要があるとの見解を示し、国際法に従って、平和的措置で領有権の紛争を解決する立場を支持すると表明しました。
なお、これに先立つ20日午前、マウリシオ・マクリ大統領夫妻一行は、ハノイ市内のホーチミン廟を参拝し、英雄烈士の慰霊塔に花輪を捧げました。
ソース:VOV