09/06/2019 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムは国際連合安全保障理事会非常任理事国に数多くの投票権で、当選すること

在国連ベトナム通信社新聞記者によると、2019年6月7日の夜(ベトナム時間に従う)、国際連合安全保障理事会会長はベトナムが2020年~2021年の任期における国際連合安全保障理事会非常任理事国に当選することを公表した。


2019年6月6日に、アメリカのニューヨークで行われた国際連合安全保障理事会会議の模様。撮影:THX/ベトナム通信社

2019年6月7日に、アメリカのニューヨークで、レー・ホアイ・チュン(Le Hoai Trung)外交省副大臣が団長とするベトナム代表団はベトナムが2020年~2021年の任期における国際連合安全保障理事会非常任理事国に当選することに対して、喜びの意を表す。
撮影:THX/ベトナム通信社
投票結果によると、国連メンバー国家である193か国・領地の192か国領はベトナムが2020年~2021年の任期における国際連合安全保障理事会非常任理事国に当選することを支持した。

ベトナムが2020年~2021年の任期における国際連合安全保障理事会非常任理事国に数多くの投票券で、当選することはベトナム人民の希望、望みを満足させた。同時に、このことは国際共同体がこの数多くの年間における国連、国際連合安全保障理事会に対するベトナムの積極的で実際的な貢献を承認することを表現する。

投票することを通じて、国際共同体の信頼、高い評価で、ベトナムは2008年~2009年の任期における国際連合安全保障理事会非常任理事国の責任を成功に負いたので、国際連合安全保障理事会における自分の責任を2回に、成功に負うために、最初のよい条件を作られた。
ベトナムが2020年~2021年の任期における国際連合安全保障理事会非常任理事国に当選した後に、レー・ホアイ・チュン外交省副大臣は国際新聞記者のインタビューに応じた。レー・ホアイ・チュン外交省副大臣は国際共同体に対して感謝の意を表し、ベトナムが2020年~2021年の任期における国際連合安全保障理事会非常任理事国の責任を負うことを約定した。
国連の6つの主な機関の一つである国際連合安全保障理事会は5カ国の常任理事国、10か国の非常任理事国を含む15カ国の理事国を含む。国際連合安全保障理事会は平和に対する威嚇、平和破壊の実際を評価し、国際安全平和を回復する方法を決定できる国連の唯一の期間である。
文、写真:TTXVN/VNP