21/12/2018 06:59 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの貧困状況に関する報告 格差は大きい

19日、ハノイで、UNDP国連開発計画は、ベトナム労働傷病軍人社会事業省、国会民族委員会、ベトナム社会科学アカデミーと協力して、ベトナムの貧困状況に関する報告を発表しました。 ベトナムの貧困状況に関する報告 格差は大きい - ảnh 1 貧困者に牛を贈呈 報告によりますと、ベトナムの貧困率は、2012年に15.9%でしたが、2016年に9.1%に下がりました。これにより、600万人は貧困状態から脱したとしています。また、国連のミレニアム開発目標の実現において、ベトナムは2030年をめどに、第1目標である貧困解消目標を達成する可能性が高いです。これにより、2018年、ベトナムは国連加盟193カ国の中で、国連のミレニアム開発目標の実現において57位に立っており、前年と比べ9位上がったということです。 しかし、報告は、貧困解消事業において各地方間及び各民族間の格差はまだ大きいと指摘し、「これはベトナムの貧困解消事業にとって最も大きな試練である」と明らかにしました。UNDPベトナム事務所のカイトリン・ウィエセン代表は、ベトナムが引き続き貧困解消事業に成功するかどうかは、社会の弱者に対する効果的な支援によるものであると強調しました。 ソース:VOV