21/03/2018 17:16 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムの東北部地方フート省の伝統歌謡「ハット・ソアン(Hat xoan)」

ベトナムの伝統歌謡「ハットソアン」が、韓国の済州島で開かれたユネスコの無形文化遺産保護に関する政府間委員会の会合で、「緊急保護遺産」のリストから、「人類の無形文化遺産」のリストへ移された。ベトナムの伝統歌謡「ハットソアン」は世界が関心を持ち、研究し、評価されつつある。
2011年11月、ユネスコは、「ハットソアン」が緊急保護が必要である無形文化遺産として登録された。それから4年間後、2015年10月、ベトナムのフート文化・スポーツと観光局のグエン・ダック・トゥイ副局長はフランスへ行き、ユネスコに「ハットソアン」の保存について結果を求めた。

トゥイ副局長のハットソアンについて書かれた報告書の内容についてユネスコのセシル・デュベル無形文化遺産課長は満足し、「ハットソアン」の保存を認めた。その結果、「ハットソアン」が緊急な保護を必要とする無形文化遺産のリストから削除されたことを確認します。」と結論を出した。喜んでいるトゥイ副局長は途中で、「ハットソアンは今どこのリストに入れられますか?」と質問をした。

2011年、ユネスコは、「ハットソアン」が緊急保護の必要がある無形文化遺産として登録された。
撮影:資料


 
ベトナムのフー・ト省ヴィエット・チ市ミエウ・ライ・レン劇場で紹介されるハット・ソアンを演じる芸術者の正式の衣装
撮影:コン・ダット


ハット・ソアンを演奏する楽器
撮影:コン・ダット



ハット・ソアンは、舞と扇子などで表現される
撮影:コン・ダット


観光客の前にハット・ソアンを演じる場所であるフン・ロ殿
撮影:タット・ソン

 

ユネスコの2003年の公約によると、「一つの遺産は同時に2つのリストに入れない」が書かされて、他の情報も、案内もない。ユネスコのセシル・デュベル(Cecile Duvelle)無形文化遺産課長はトゥイ副局長の質問に答えられない。しばらく考えた後、「ハット・ソアンはまだ遺産の一つです。」と答えた。

まだ説得しなく、続き疑った。ユネスコのセシル・デュベル(Cecile Duvelle)無形文化遺産課長は「その通りです。これは現象であり、ベトナムのハット・ソアンのような遺産が多くあります。そのため、どれかの認定が必要です」と述べたとたん、トゥイ副局長は「そのため、ハット・ソアンが「人類の無形文化遺産」の代表的なリストに入ることを提出します。」と述べた。そのことは前例がない。

その後、ユネスコのセシル・デュベル(Cecile Duvelle)無形文化遺産課長はトゥイ副局長にハット・ソアンの問題を次回のユネスコの政府間委員会に提出すると約束した。

当年の12月、ナミビアで開催されるユネスコ無形文化遺産保護条約第10回政府間委員会の会議において、ユネスコはハット・ソアンの場合の議決を出した。具体的に、ユネスコは公約の目標の内容をもう一度編集し、実施の案内を出し、遺産を移る過程を研究する委員会を作り出すことが必要であると確認した。

2017年12月、フー・ト省の提出は認定された。韓国の済州島で開かれたユネスコの無形文化遺産保護に関する政府間委員会の会合で、「緊急に保護する必要がある無形文化遺産」のリストから、「人類の無形文化遺産」の代表的なリストへ移された。ハット・ソアンの場合について、ユネスコは2年間研究し、規則を変更しなければならないと
頭を悩めた
 

ハット・ソアンの熟練した継承者
 

ハット・ソアンのふるさとであるフー・ト省で、この4千年間、グエン・ティ・リック芸術者は前例のない現象でもある。
前例がない人物になるグエン・ティ・リック芸術者

ハットソアン楽団は4千年前からのしきたりでは、男性が団長を務めることに決められている。女性が団長を務めた前例はない。

アンタイのハットソアン団のヴ―・ハー・フン氏は「フン王はリック芸人を任命しましたよ」と述べた。

それは霊媒の面での説明であるが、リック芸人がハットソアン団の団長になることは他の理由がある。


 

フート省の芸人をクラスで教えながらアン・タイのハット・ソアン団で活動している。
撮影:タット・ソン



アン・タイのハット・ソアン団は100人のメンバーがいる。
撮影:タット・ソン



フー・ト省の農民たちの日常生活を表明するハット・ソアン芸術

撮影:コン・ダット
 

リック芸人の父親は以前人気のあるハットソアン団の団長であり、死去の前、リック芸人にハットソアンの31曲が書かれたノートを渡した。

リック人は当時、まだ5歳であり、字が分からないためそれを読むことができなかった。しかし、彼女のおじいさんにハットソアンを教わった。13歳で、父親から渡されたノートの31曲が歌えるようになった。

1979年、リック芸人は美しい女性になり、ハットソアンのクラスを無料で開いた。そのクラスは今でも続けられている。

優秀な生徒であるグエン・ティ・ガー芸人も今、ハットソアン団の2代目団長となった。


遺産の持続のクラス

2011年、ハット・ソアンが「緊急に保護する必要がある無形文化遺産」のリストに入る時、リック芸術者はすべての古いハット・ソアンが歌える7人の一人である。
このことはフート省の伝統歌謡「ハット・ソアン(Hat xoan)」の困難であった。それで、フート省の各地の指導者たちは「人文的な宝物を保護し、開発する」プログラムを懇願した


この4年間、リック団長のアンタイハットソアン楽団は、毎週末に活動する。
撮影:タット・ソン



フート省のハットソアン楽団での、若い歌手の訓練は厳しく行われる。
撮影:タット・ソン


現在、フート省の伝統歌謡「ハット・ソアン」楽団においては、若い歌手を訓練することは詳しく行われる。
撮影:タット・ソン



フート省のハットソアは、踊りは音楽と詩と声により表現される。
撮影:タット・ソン

「ハットソアン」を練習する子供の歌手。

撮影:タット・ソン
 

古いハットソアンが歌える7人は4楽団を管理し、若い世代に、ハットソアンを教える責任を負う。

この4年間、毎週末、リック女史が団長とするアンタイハットソアン団は活動する。約68人はリック女史により「ハットソアン」の歌を習った。この68人の芸術者は伝統歌謡「ハットソアン」の歌を歌うことができる。フート省は、「ハットソアン」の歌手の貢献を常に、奨励する。


敵に勝利した後、フン王と兵士たちは帰るとき、水牛の世話をする数人の子供と出会った。フン王はヴァンラン地域のラックヴィエット民族の人の歌と踊りを伝えた。その後、フート省‐キムドゥック町にライレン廟を建設した。その後、この廟は伝統歌謡「ハットソアン」の演奏する場所になった。
 

共同体に、遺産を保存

フート省の人民たちによると、フン王は、ヴァンラン地域のラックヴィエット民族の伝統歌謡「ハットソアン」を常に見守っている。

2003年、フン王神殿を訪問した時、グエン・ティー・トゥー女史は伝統歌謡「ハットソアン」のパフォーマンスを見た。その後、彼女は「ハットソアン」の歌に深い感銘を感じた、。
その後に、トゥー女史はヴィエットチー市、ヴァンフー地区、第5地域で「ハットソアン」クラブを結成した。そのときに、ヴィエットチー市の人民にとって、伝統歌謡「ハットソアン」は新しい芸能であった。


フート省の伝統歌謡「ハットソアン」は徐々に発展し、多くの「ハットソアン」クラブが結成された。
撮影:コン・ダット


ヴィエットチー市、ヴァンフー地区における「ハットソアン」クラブの練習の様子。
撮影:コン・ダット


歌い手の衣服。
撮影:コン・ダット


フート省の伝統歌謡「ハット・ソアンにおいて、踊りの動作は農民たちの労働生活と関連する。
撮影:コン・ダット



ハン・ティー・トゥー・ラン女史によると、キムドゥック小学校において、児童たちは音楽、歴史、地理を通じて、伝統歌謡「ハットソアン」についての知識を学習する。

撮影:コン・ダット
 


現在、ヴィエットチー市における100%の小学校、中学校、大学において、伝統歌謡「ハットソアン」は教えられる。
 トゥー女史はフン王神殿の祭りに演奏された芸術者であるリック女史により伝統歌謡「ハット・ソアン(Hat xoan)」芸術様式を教えられた。

リック女史により、伝統歌謡「ハットソアン」を習った3年間後に、2006年、トゥー女史は伝統歌謡「ハットソアン」クラブを公式に設立した。最初、同クラブは10人のメンバーであった。今では、5歳から70歳を含む96人のメンバーがいる。

ハン・ティー・トゥー・ラン女史-キム・ドゥック小学校の副校長によると、2011年から、伝統歌謡「ハットソアン」芸術がユネスコにより、文化遺産として公認されたとき、キムドゥック小学校において、生徒たちは音楽部、歴史部、地理部を通じて、伝統歌謡「ハットソアン」についての知識を勉強した。

伝統歌謡「ハットソアン」芸術-観光を開発する事業で貢献を果たし

2015年、フート省は伝統歌謡「ハットソアン」を2015年~2020年の段階におけるフート省の観光開発案に属する観光サービスとして、古い村における伝統歌謡「ハットソアンサービス、City Tourの中で「ハットソアンを歌うサービス」を開発した。

古い村における「ハットソアン」の伝統歌謡は、フート省の古い村において、観光客たちは、伝統歌謡楽団のパフォーマンスを見ることができる。


2015年、伝統歌謡「ハットソアン」は、フート省の観光開発提案の中で開発された。
撮影:タット・ソン


観光客たちの要求にこたえるために、フート省のフンロー神殿で演じられる伝統歌謡「ハットソアン」
 

City Tourにおける伝統歌謡「ハットソアン芸術」の観覧においては、観光客たちはライレン廟、フン王神殿、タムザン神殿へ行くと聞くことができる。

ベトナム人民の風習として、フン王の地域に入ると、誰もがフン王神殿に行き、線香をあげる。一人の老人は私とフン王が伝統歌謡「ハットソアン芸術を保存するために、フート省の人民たちの選択について話した。


文:タオ・ヴィー
写真:タット・ソン、コン・ダット、資料