30/11/2018 09:44 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムに対するFDIが増加

計画投資省・外国投資局の統計によりますと、年初からの11ヶ月、FDI=外国直接投資の新規登録プロジェクトや増資プロジェクト、株式投資の総額は合わせて308億ドルにのぼっています。

その内訳は11月20日現在、全国で許可証が発給された新規投資プロジェクトは2710件を超え、158億ドルに達しています。また、増資プロジェクトは954件で、増資額は74億ドルとなったことです。

外国人投資家は加工・製造、不動産、小売・卸売りをはじめ、18の分野で事業を行なっています。現在、108の国と地域がベトナムで投資を行なっており、上位投資国は日本、韓国、シンガポールの順となっています。

一方、投資誘致上位の地域はハノイ、ホーチミン市、ハイフオン市です。こうした中、この11ヶ月、ベトナムは35の国と地域に投資を行い、上位に立っている投資先はラオス、オーストラリア、スロバキア、カンボジア、キューバ、ミャンマーです。
ソース:VOV