22/10/2021 15:09 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムと80ケ国・地域 ワクチンパスポートを早期に認め合う

これまで、72の国・地域がベトナム外務省にワクチンパスポートの認定を提案しました。
ベトナムと80ケ国・地域 ワクチンパスポートを早期に認め合う - ảnh 1
21日午後の定例記者会見で、ベトナム外務省のレ・ティ・トゥ・ハン報道官は、ベトナムの新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)が早期に認められるために約80の国・地域とのやりとりを促していると明らかにし、ベトナムは外国の投資家と専門家の入国に便宜を図る方針であると強調しました。

同報道官によりますと、これまでベトナムは72の国・地域のワクチンパスポートを認めており、いくつかの国もベトナムのワクチンパスポートを認めました。ハン女史は次のように語りました。

「これまで、72の国・地域がベトナム外務省にワクチンパスポートの認定を提案しました。これにより、これらの国・地域のワクチンパスポートを持つ人がベトナムに入国した場合、隔離期間を7日間に短縮することができます。一方、ベトナム外務省は互いにワクチンパスポートを認めるために、約80の国・地域とのやりとりを促しています。また、外務省はベトナムの関係各省庁に対し、外国人の入国手続きを調整するよう提案しています。」
新常態(ニューノーマル)における外国人投資家への支援策についてハン女史は次のように語りました。

「政府は疫病抑制を目指す多くの措置を断固としてとるとともに、新型コロナの影響で企業が直面している困難を解決するために、特別作業部会を設立し、多くの支援策を出しています。その中で、外資系企業の困難解決を重視し、新常態(ニューノーマル)において生産経営活動の早期再開を支援しています。政府はサプライチェーンの維持、全国の流通を確保する方針です。」
なお、今年初めからの9か月間、ベトナムへの外国直接投資額は221億5千万ドルにのぼり、前年同期と比べ4.4%増となっています。この数字はベトナムの投資環境に対する外国人投資家の信頼を示しているとされています。
ソース:VOV