25/10/2019 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムと国連 持続可能な開発のための目標実現に協力

ベトナムが国連に加盟したのは1977年9月24日のことです。それ以来、ベトナムと国連の協力はますます発展しています。

国連は、戦後の復興事業と現在の経済社会発展事業を大いに支援しています。国連の支援は、ベトナムの経済発展や法整備、差し迫った社会問題の解決に大きく貢献し、ベトナムの国づくり発展事業に大きな役割を果たしています。

また、国連は、ベトナムが対外政策を展開する場でもあります。全方位外交政策を展開しているベトナムは国連の場を利用して各国との関係を促進させるとともに、国連の各組織との協力を拡大させました。一方、ベトナムは、国連の活動に積極的に参加し、国連の改革や活動効果向上に貢献しています。特に、ベトナムは、2008年~2009年期の国連安全保障理事会非常任理事国としての任務を立派に果たし、国連加盟各国から高い評価を受けました。

また、ベトナムは、2020年~2021年期の安保理非常任理事国を務めます。これは、国際社会においてベトナムの威信が高まっていることを示しています。

ベトナム駐在国連事務所のコーディネーターKamal Malhotra氏は、国連はこれからも持続可能な開発のための目標を実現させるために、ベトナムと緊密に協力してゆくと強調しました。特に、国連は、ベトナムの労働効率の向上や競争力の向上を引き続き支援してゆくとしています。
ソース:VOV