15/12/2018 07:55 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムと世界で人権擁護促進

14日午後、ハノイで、ホーチミン政治国家学院は政府の人権指導委員会と協力して、「人権に関する世界宣言・時代的な価値とベトナムに対する意義」をテーマとしたシンポジウムを行いました。
シンポジウムで、ホーチミン政治国家学院のレ・コク・リー院長は代表らに対し、「人権に関する世界宣言の時代的な価値とベトナムに対する意義を集中的に討議すると共に、ドイモイ事業を実施してきた30年後の現在、ベトナムが人権擁護において収めた成果を分析するよう」求めました。また、人権擁護においてベトナムが直面している困難や試練を分析した上で、ベトナムと世界での人権擁護促進のため、関連する政策や法律を完備する対策を出すよう提案しました。
ソース:VOV