22/10/2018 08:24 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムとバチカン市国との協力を強化

20日、イタリアを訪問中のチュオン・ホア・ビン副首相はバチカンでローマ・カトリック教会のフランシスコ法王に謁見し、ローマ法王庁のパロリン国務長官と会見しました。
ベトナムとバチカン市国との協力を強化 - ảnh 1     写真:ベトナム通信社
席上、ビン副首相はフランシスコ法王にベトナムの経済社会発展の成果や国際社会への参入を紹介し、これにはベトナム国民、なかでも各宗教の信者の貢献があると明らかにしました。
また、ビン副首相は「ベトナムは国民の信仰・宗教の自由を尊重・確保するため、宗教政策を絶え間なく充実し、法律の規定に従って行われる宗教活動に有利な条件を作り出している」と強調しました。
一方、フランシスコ法王はビン副首相の訪問は双方関係における新たな発展の一歩となり、相互理解の強化に寄与するであろうとの見解を示しました。
他方、パロリン国務長官との会見で双方はベトナムとバチカン市国との関係の強化措置について話し合いました。
ソース:VOV