10/01/2022 11:16 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムでのアドバンテック社の最初のスマートホスピタル

このスマートホスピタルはデジタル化規模がこれまで最大かつ全面的なものとしています。
8日午後、中部沿海ニントゥアン省で、アドバンテックベトナム社や、アメリカのインテル社は共同で、ニントゥアン省のタイホア総合病院とともに、スマートホスピタル(iHospital)の展開に関する契約書を締結しました。

これにより、タイホア総合病院はベトナム初のスマートホスピタルとなります。また、ベトナムにおけるアドバンテック社の最初のスマートホスピタルプロジェクトとなっています。このスマートホスピタルはデジタル化規模がこれまで最大かつ全面的なものとしています。
展開期間中、アドバンテックベトナム社や、インテル社は医療用スマート設備や、技術ソリューション、ハイテクソリューションなどを提供するとともに、優れた人材育成を担当する予定だということです。このスマートホスピタルは2022年6月に稼働する予定です。これはベトナム医療部門のデジタル化事業に突破口を切る開くものと評されています。
ソース:VOV