05/02/2021 10:25 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナムが科学技術の中心地になるための要素

(VOVWORLD) -2日、ロイター通信は、「ベトナムは2045年までに、全面的に発展した国になる」というベトナム共産党の目標への評論を掲載し、その中で、ベトナムが科学技術の中心地になるための要素を分析しました。

それに基づき、ベトナムは、一連の自由貿易協定を締結することで、日々外資系企業を誘致しているということです。向こう5ヵ年経済発展計画によりますと、ベトナムは、サムスン電子、コンピューター部品メーカー「インテル」などの大手企業向けの重要な生産工場としての役割を促進します。ベトナム共産党は、ベトナムを「人件費が安い国から、科学技術が発達した中心地に」発展させる目標を掲げています。