21/01/2019 09:58 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、CPTPP加盟諸国の初の閣僚級会合に出席

昨年12月30日に発効したCPTPP=包括的、かつ、先進的環太平洋経済連携協定に加盟した11カ国が今月19日、東京で、初の閣僚級会合を開きました。

チャン・トゥアン・アイン商工大臣率いるベトナム代表団がこの会合に参加しました。参加者らは会合後に共同声明を発表し、保護主義に反対して自由貿易を擁護する立場を表明しました。

会合では、今後加盟したい意向を持つ国・地域が行うべき具体的な交渉プロセスなどについて討議されました。また、貿易保護主義が世界規模で台頭する状況に懸念を示す共同声明が発表され、この現状に対抗するため、自由貿易を大きく促進させ、CPTPPの規模拡大に努めるべきとの結論が出されました。

ベトナムの通信社のインタビューに応えた際、アイン商工大臣は、「加盟諸国は周到な準備を行なったから、初期には公約履行が厳格に実施されている」と明らかにしました。
ソース:VOV