08/09/2021 22:59 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、COP21の目標履行とパンデミック対策の補助を公約

現地時間の7日午後、オーストリアの首都ウィーンで、ブオン・ディン・フエ国会議長は第5回世界議会議長会議の枠内で開催された複数の討論会に出席しました。 「パンデミック後の回復:気候変動への対応と持続可能な開発の促進を目指す経済転換」をテーマにした討論会で、フエ議長は各国の議会や、議員らに対し、「政府とともに歩み、法的枠組みを完備し、パンデミック予防対策をCOP21=第21回気候変動枠組条約締約国会議の目標履行と結び付けて進め、グリーン回復・循環経済・持続可能な発展を目指すよう」訴えました。 フエ国会議長は次のように語りました。 「同時に、パンデミック制圧を目指す国際協力や、議会間協力と経験交換、ワクチンの生産・配分における連携、医療部門の能力向上、社会保障の確保、生産維持、地域におけるバリューチェーンの安定化などに力を入れることも重要です。先進国は温室効果ガスに関する公約を履行し、発展途上国が技術能力を高めるように支援する必要があります。」 同日午後、フエ国会議長は会議に2つのスピーチを送りました。新型コロナウイルス感染症予防対策に関するスピーチの中で、フエ議長は人民の生命と権利の保護における他国組織の役割を強調するとともに、各国の議会に対し、多国間協力を促進していくよう呼びかけました。また、「各国の議会は、自国の政府が対応プログラムを効果的に展開するために有利な条件を作り出す必要がある」と提案しました。 ソース:VOV