30/07/2020 10:10 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、ASEANの中核的な要素

(VOVWORLD) - シンガポール国際問題研究所の所長サイモン・テイ准教授は談話を発表し、「ベトナムは刷新・開放政策を講じ、飛躍的な発展を遂げてきたことで1995年、ASEANに加盟して以来、常にASEANの中核的な存在となっている」と強調しました。
今年7月28日はベトナムのASEAN加盟25周年記念日です。この機に、シンガポール国際問題研究所の所長サイモン・テイ准教授は談話を発表し、「ベトナムは刷新・開放政策を講じ、飛躍的な発展を遂げてきたことで1995年、ASEANに加盟して以来、常にASEANの中核的な存在となっている」と強調しました。

こうした中、同研究所のジェシカ・ワウ副所長はASEAN2020 におけるベトナムの牽引役を高く評価しました。また、ベトナムの新型コロナへの対応は印象的で、ASEANの結束と主体的適応の推進に役立ったとしています。