16/11/2021 15:46 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、APECでベトナムのグリーン経済への投資を呼びかける

フック主席は「今日の世界は気候変動、過酷な自然災害、環境衰退、新型コロナウイルス感染症など前例のない試練に直面している」と強調しました。 ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相の招きに応じて、グェン・スアン・フック国家主席は11日と12日の両日オンライン形式で開かれているAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議に参加しています。同日、事前録音のビデオ映像でAPECビジネスリーダー会議にメッセージを送りました。 フック主席はAPECビジネスリーダー会議が持続可能な発展戦略と気候変動対応をテーマにすることを歓迎すると共に「今日の世界は気候変動、過酷な自然災害、環境衰退、新型コロナウイルス感染症など前例のない試練に直面している」と強調しました。 フック主席はグリーンで持続可能な発展目標の遂行に対する企業の役割を強調した上で、ベトナムはグリーン経済への転換と気候変動への全面的対応のため、断固たる措置をとることを公約しました。また、「ベトナムはこれらの目標の遂行のため、APEC加盟諸国と協力することを望んでいる」と述べ、次のように語りました。 「ベトナムは投資経営環境の改善を行う傍ら、グリーン製品やサービスを提供している企業に優遇政策を適用しています。その他、ベトナムはグリーン企業を発展させる政策を完備します。これらの政策とベトナムが締結した14件の自由貿易協定はベトナムに進出している外国投資家に有利な条件を作り出すことでしょう」 11日夜、フック主席はAPEC加盟諸国の指導者とAPECビジネス諮問評議会との対話に参加します。 ソース:VOV