21/07/2020 09:10 GMT+7 Email Print Like 0

ベトナム、2025年以降のASEAN 共同体ビジョン に期待

(VOVWORLD) - 20日午前、ベトナムのSOM委員会委員長を務めるグエン・クォク・ズン外務次官は2025年以降のASEAN 共同体ビジョン を討議するため、各部門とのテレビ会議を主宰しました。会議にはASEAN諸国の高官や政治・安全保障、経済、文化・社会といった3本柱を担当するASEAN副事務局長3名が参加しました。
席上、ASEAN諸国の代表らはASEAN議長国としてのベトナムの提案を高く評価するとともに、ASEAN共同体の発展方向を定めるため、ベトナムと緊密に連携していくと表明しました。また、2025年以降のASEAN共同体ビジョンはデジタル転換やサイバーセキュリティ、気候変動、包摂的発展、ASEAN色彩の発揮などを網羅するとともに、ASEAN機構の効果向上、各部門の協力、ASEAN共同体づくりへのAIPA=東南アジア連議院総会、学者・研究者、ASEANビジネス諮問評議会、社会団体の参加を重視する必要があるとしています。

席上、グエン・クォク・ズン外務次官は2025年以降のASEAN共同体ビジョンはASEAN顕彰に合致する目標、原則を定めるよう要請するとともに、このビジョンを通じて、ASEANは地域の平和、安定、安全保障の維持や国際参入の推進における中核的な役割を確保し、国民を発展事業の中心に位置づけなければならないとの見解を示しました。